濃い鼻の下の毛がクリームで改善された!?【話題の産毛クリーム】

濃い鼻の下の毛がクリームで改善されました!

濃い鼻の下の毛がクリームで改善された!?【話題の産毛クリーム】

 

⇒濃い鼻の下の毛が改善したクリームはこちら

 

鼻の下の毛が濃い事が悩みで、いつもカミソリで処理をしていました。カミソリで処理をすると、当日や翌日あたりまでは綺麗な状態を維持出来るのですが、数日が経過するとすぐに毛が目立ち始めます。

 

それでも頻繁にカミソリを使うと肌が荒れてしまうので、少し毛が目立ってきた時もそのまま放置しておく事がありました。

 

もっと女性らしい肌になりたいと強く思っていたのですが、そんな時の産毛対策用のクリームがある事を知りました。

 

カミソリのように肌に刺激を与える事もなく、使い続ける事で徐々に毛を薄くしてくれるといった特徴も魅力に感じました。そこで早速取り寄せて、鼻の下の毛を中心に毎日マッサージするように肌に塗りこんでいきました。

 

すぐに産毛が無くなった訳ではありませんが、1つ目を使い切る頃にはカミソリでお手入れする必要が無くなっていました。

 

カミソリで処理をしていた時は肌荒れや黒ずみが出来て、産毛が無くても何となく鼻の下が黒っぽくなっていたのですが、クリームで処理するようになってからは肌のトラブルもなく、化粧ノリも良くなりました。

 

間近で肌を見られても恥ずかしい思いをせずに済むようになり、女性としての自信が取り戻せたように感じます。

 

⇒産毛用のクリームの詳細はこちら

 

 

子供時代の鼻の下の毛の悩み。

私は生まれつきムダ毛が濃い体質です。まだ小さな子供だった頃、見るに見かねた母親が、脱毛クリームを購入してきたのを覚えています。

 

当時は鼻の下の毛は気にならなかったのですが、小学校中学年頃から段々と気になり始め、当たり前かもしれませんが、当時は、脱毛クリームなどを買うお金もなければ、買いに行く勇気もなく、こっそり親の電動剃刀を使用して、剃っていました。

 

現在、私は20代半ばに突入しようとしていますが、最近思い切って鼻の下の毛を薄くするクリームを購入してみました。

 

濃い鼻の下の毛がクリームで改善された!?【話題の産毛クリーム】
私が購入した鼻の下の毛を薄くするクリーム「ノイス」

 

最初は効果を疑っていましたが、2週、3週目と日を重ねることに、だんだん毛が薄くなり、剃る回数が減ってきました。

 

「これはすごい!」と思い、気になる顔の産毛も対処しようと、顔全体に塗布する日々が始まりました。頬も鼻の下同様、日に日に薄くなっていき、肌の色がワントーン明るくなり、なり、ファンデーションのノリも良くなりました。

 

クリームには保湿成分もたっぷり含まれているので、肌荒れすることもなく、むしろすべすべのお肌になったように感じます。現在、私には6歳の娘がいますが、彼女は私の子供の時以上に濃い産毛の持ち主です。

 

肌に優しい成分を使用しているこのクリームであれば、子供にも安心して使用してあげることができそうなので、近いうちに使用してあげたいと考えています。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛の処理法

鼻の下の毛はひげと呼ばれても仕方がない産毛ですが、本当に産毛の人もいれば、ひげのような人もいて、一概に鼻の下の毛だからひげ、女性だから産毛とは言えません。

 

また、処理法にしても、ずっと剃ってきた人、抜いてきた人、黒ずんでしまった人、色々な処理法で試行錯誤した人で違ってきます。あなたはどういうタイプの鼻の下の毛でしょうか?ひげでしょうか?産毛でしょうか?処理法はどうされていますか?
濃い鼻の下の毛がクリームで改善された!?【話題の産毛クリーム】
鼻の下のムダ毛処理の基本ですが、鼻の下の毛が生えている部分の口周りは、凹凸があるので、小さめのフェイス用カミソリを使って処理するのが一番楽です。

 

また、乾燥しやすい場所なので、以下のことに注意しながらお手入れをしていきましょう。

 

肌に負担をかけない下準備をする。(蒸しタオルをあてて毛穴を開かせる。)
何度も同じ場所を剃らない。(黒ずみをおさえる。)
アフターケアはしっかりとする。(乾燥するとシミやシワになるため。)

 

そして、クレンジングと洗顔をしてから、産毛の処理をすることです。一番良いのはお風呂上りの清潔な肌に電気シェーバーで剃るという処理法です。

 

この時、市販のオイルクレンジングや、洗浄力が強い洗顔料を使うと、肌が乾燥してしまいますので、気をつけてくださいね。

 

できるだけ石油系や保存料などの、添加物が配合されていないもの等、肌に負担の少ないものを選んで使いましょう。夏に蛇口から出るくらいのぬるま湯ですすぎ、洗顔料などを残さないように洗い流して下さい。

 

何度も同じ場所を剃らないようにしてください。これは既にご存知だと思いますが、摩擦により鼻の下の毛が生えている部分が黒ずんでしまいます。

 

次に、直接カミソリを肌に当てないように、専用のクリームなどをつけて、剃るようにしましょう。

 

口の周りは皮膚が薄く、よく動かす場所なので、他の部位より、老化が早い場所でもあります。皮膚がたるむと、毛穴も下に向いてくるので、少し皮膚を引っ張りながら剃ると、無理せずに綺麗に剃れますよ。全然難しくありませんが、下準備と肌の保護でかなり変わります。

 

一度カミソリを動かせば、十分に剃れていますし、何度も剃ると角質層にダメージを与え、肌のキメが乱れる原因になりますので注意してください。カミソリの刃が古いと、剃れないばかりか、目に見えないギザギザの刃が肌を傷つけますので、ケチらずに剃れなくなったら交換しましょう!

 

産毛を剃ると顔が明るくなるのは、古い角質も一緒にOFFできるからですが、力加減や剃り方を間違えると、角質がめくれてしまい粉を吹いたようになります。コツをつかんで素敵なお肌で産毛を取り除いてくださいね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛を薄くしたいなら

鼻の下の毛を薄くしたいならどうしたらいいのでしょうか?剃る、抜く、永久脱毛などではなく、あまり鼻の下の毛が濃くないので、ただ薄くなってくれたらいいという人なら、色々あります。

 

まずは、ムダ毛を薄くする方法として、「抑毛クリーム」って聞いたこと、ありませんか?
濃い鼻の下の毛がクリームで改善された!?【話題の産毛クリーム】

 

抑毛とは、生えてくる毛の量を少なくすることで、ひげ処理の回数や負担を軽減しようという対策方法です。その効果により、男性ホルモンを抑制し、ひげを生えにくくする効果があるのです。是非一度試してみてくださいね。

 

それでも、クリームによる効果は数ヶ月ぐらいから現れてきますので、その間は顔剃りをしなければなりません。できれば、お肌に優しい顔専用の電気シェーバーで剃るようにしてください。

 

そこで、生活習慣を見直して顔のひげを薄くする方法も同時にご紹介します。日本人女性のひげや産毛が濃くなってきたのは、女性の社会進出にともなう女性の「オス化」と言われています。

 

だからといって、何もしないでオス化を進化させても仕方がありません。生活習慣をちょっと変えるだけでも薄くなります。

 

まずは食生活です。ちゃんと栄養バランスを考えて三食食べていますか?コンビニフードやジャンクフードばかり食べていると、栄養が偏りますから、ホルモンバランスには良くありません。それから、女性ホルモンと同等作用のあるイソフラボン含有食品を摂取することです。

 

豆乳なら1日200ccで十分が量のイソフラボンが摂取できるそうですので、過剰摂取しないように心がけましょう。イソフラボンの過剰摂取は癌のリスクが高まるそうなので、上限の70〜75mgを超えないように気をつけてくださいね。

 

あとは、質の高い睡眠を十分にとることで、お肌の修復力が高まり、女性ホルモン分泌もしてくれるそうですよ。そして、やはり一番大きな要因となるのが、ストレスです。

 

ストレスを100%なくすことは出来ません。少々のストレスは良い影響もありますので、過度のストレスを溜め込まない生活を送ることが大切です。たとえば、仕事をまったく思いださない日を作る、自分の趣味に没頭する時間を作る、旅行にでかけたり、長期休暇を取ったりする。

 

こういったことでストレスが軽減されれば、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスも整い、鼻の下の毛も、普通の産毛程度に薄くなる可能性があります。

 

ただ、それまでに毛抜きで抜いたり、剃ったりを繰り返していると、鼻の下の毛が薄くなったりしても、黒ずみが残ったり、肌がたるんだりしていますので、手遅れにならないうちに生活習慣は見直しましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?