カミソリで処理をしていた鼻の下の毛

カミソリで処理をしていた鼻の下の毛

鼻の下の毛が気になりだしたのは中学校に入ってからです。年上のお姉さんがいる友達はやはり少しマセていて、色々な情報を持っています。その友人から、顔剃りが良いらしいという噂を耳にし、興味本位で始めました。

 

それと、クラスメイトにおじさんのようにひげの生えている女子がいて、自分もあんな風になってたら可愛くないと思ったので。I字のいわゆるシンプルなカミソリを買ってきて、慎重に鼻の下の毛を処理。

 

最初は上から下へと剃っていたのですが、なんだか剃れていないような気がして、いつからか下から上へと毛に逆らって剃るようになりました。下から上へと剃るのは肌に良くないと聞いても、一度剃りはじめるとそれが普通。でもやっぱり肌荒れは避けられなかったです。

 

私はラッキーだったのかもしれませんが、友達は毛が本当に濃くなってしまい、これ以上濃くなると嫌だからと剃るのを止めました。私も何年かは頻繁に剃っていたのですが、肌がヒリヒリし始めていたのと、ニキビができやすくなったので、いつの間にか剃るのを止めていました。

 

気になる時は毛抜きで抜いたりしていたのですが、思い切ってレーザーでの永久脱毛をしました。そのおかげで肌荒れもなくなりました。

 

 

鼻の下の毛がきれいに剃れない

足や腕、ワキは露出も多いので結構気にして処理していますが、鼻の下の毛ってウッカリ剃り忘れていることが多いです。朝の忙しい時間に気づいて剃るのですが、凹凸のある鼻の下は非常に剃りにくく、カミソリの刃が当たりそうで細心の注意が必要。

 

時間が足りない朝には焦って皮膚を切りそうになりうまく剃れないので困ります。しかも、私は鼻の下にほくろがあり、時々ニキビができたりします。そこも剃らないように回避しながら剃るので、結局あまりきれいに剃れていない顔になっていることが多いです。

 

また、肌の弱い私にとっては日焼けや長時間のメイクでただでさえ荒れるのに「剃ってすぐに化粧下地」というのは本当につらいです。できればカミソリを使わないで処理しようと難しいポイントは毛抜きなどでたまに処理しますが、顔の毛は本当に痛い!涙が出るくらい痛いので、鼻の下の毛の処理は気持ち的にちょっとおっくうになります。それでも顔が第一印象を決めるので、できるだけきれいにはしていたいです。

 

少し明るめのライトがある化粧室に入ったときに、ふと鏡を見て毛が生えていることに気づくときは最悪です。できるだけ顔を近づけないようにして話をして、少し相手の気を悪くしてしまい、申し訳ない気持ちになります。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?