顔の産毛処理方法まとめ

顔の産毛処理方法まとめ

顔の産毛を自己処理している人は、働く女性のほとんどだと言われています。しかも抜く、剃るなどまとめて9割が顔の産毛処理を電気シェーバーで行っているそう。早いし手軽だし、お肌へのダメージが少ないために、顔の産毛処理方法としてはぴったりのようですね。

 

でも、方法やリスクもちゃんと知った上で、電気シェーバーによる自己処理、つまり顔の産毛を剃るのとそうでないのでは違います。というわけで、自己処理の注意点についてまとめました。こちらのまとめだけでなく、他にも色々なオプションがあると思いますので、自分なりに情報収集をして無理のない顔の産毛処理をしてください。

 

まずは、普通にI字やT字カミソリでセルフケアするよりは、顔専用の振動をする電気シェーバーを使っていることは、お肌に一番優しいです。本当はレーザーや光照射で永久脱毛すれば、皮脂分泌が増えることもあり、色々リスクはありますが、費用がかかります。

 

電気シェーバーのリスクは同じぐらいですが、コストも時間もあまりかかりません。ただし、電気シェーバーでもすくなからず顔のお肌に負担がかかり、ダメージがありますので、必ず清潔な状態でセルフケアしてください。一番いいタイミングはお風呂上りの毛穴も開き、清潔なお肌に、清潔な刃の電気シェーバーで剃ることです。その後はたっぷり保湿効果のあるスキンケアを実行してください。

 

抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを顔の産毛セルフケアの後に塗布すると効果的に毛の発育を遅らせることができます。是非試してみてください。

 

顔の産毛セルフケアをずっと10代の頃からしていたために、黒ずみが出てきてしまっていて、鼻の下やあごが他の顔の肌より黒いということです。この場合は、エステサロンの美白や、美白スキンケア製品を使用しながら改善するしかないので、電気シェーバーであまり摩擦を加えないほうがいいです。

 

この黒ずみは、摩擦による黒ずみ、加齢によるお肌のターンオーバーがうまく行われていないからです。つまり、顔の産毛を剃っても黒い肌が現れるだけなら、剃って黒ずみを悪化させる意味がないからです。かといって、もうずっと剃っているから、顔の産毛があるとメイクでも隠せないという人は、医療脱毛やエステサロンでの永久脱毛も視野に入れてください。

 

男性もそうですが、女性も知識がないままに、見切り発車でとりあえずの処理をずっとしていることで、後で色々な弊害が出てくる場合があります。生活習慣も見直し、お肌のターンオーバーや、修復力を強くするための食生活や睡眠を意識してとるようにしてください。軽い運動で新陳代謝を上げることもお肌には良い効果がありますね。

 

⇒ノイスについてもっと知りたい方はこちらから