顔の産毛剃りの方法

顔の産毛剃りの方法

顔の産毛の剃り方や方法を正確に知っている女性は少ないと思います。そもそも、そんなハウツー本(方法をまとめた本)を見たことがありません。だいたい急に気が付いてかみそりか電気シェーバーでさっくり剃って終わるのが普通ですよね。だから、なかなか丁寧にできていないというのが実情だと思います。

 

そして、何かの拍子に顔の産毛や皮膚に異変が起こってから剃る方法がまずかったかな?と気になりだし、ネットで同じ症例を探したりするのです。例えば、カミソリ負け、これは数日で解消されると思います。でも、ずっと顔の産毛をカミソリか電気シェーバーで剃るだけで、肌の摩擦が増えて、お肌そのものが黒ずんできたりして、剃る方法が悪いのかな?と思い当たることもあるのではないでしょうか?

 

顔の産毛はひげと呼ばれても仕方がない産毛ですが、本当に産毛の人もいれば、ひげのような人もいて、一概に顔の産毛だからひげ、女性だから産毛とは言えません。また、処理法にしても、ずっと剃ってきた人、抜いてきた人、黒ずんでしまった人で違ってきます。

 

あなたはどういうタイプの顔の産毛でしょうか?ひげでしょうか?産毛でしょうか?処理法はどうされていますか?顔の産毛の剃り方の基本ですが、顔の産毛が生えている部分の口周りは、凹凸があるので、小さめのフェイス用カミソリを使って処理するのが一番楽です。

 

また、乾燥しやすい場所なので、以下のことに注意しながらお手入れをしていきましょう。肌に負担をかけない下準備をする。まず、蒸しタオルをあてて毛穴を開かせる。面倒なようなら、お風呂上りの清潔で毛穴の開いた時に剃る。

 

何度も同じ場所を剃らないことも重要です。それで、余計な黒ずみをおさえることができます。アフターケアはしっかりとする。これは、乾燥からお肌を守り、シミやシワにならないためのケアです。

 

そして、クレンジングと洗顔をしてから、産毛の処理をすることです。一番良いのはお風呂上りの清潔な肌に電気シェーバーで剃るという処理法です。この時、市販のオイルクレンジングや、洗浄力が強い洗顔料を使うと、肌が乾燥してしまいますので、気をつけてくださいね。

 

できるだけ石油系や保存料などの、添加物が配合されていないもの等、肌に負担の少ないものを選んで使いましょう。夏に蛇口から出るくらいのぬるま湯ですすぎ、洗顔料などを残さないように洗い流して下さい。カミソリの刃が古いと、剃れないばかりか、目に見えないギザギザの刃が肌を傷つけますので、ケチらずに剃れなくなったら交換しましょう!コツをつかんで素敵なお肌で産毛を取り除いてくださいね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?