顔の産毛の生え変わりはいつ?

顔の産毛の生え変わりはいつ?

女性の顔の産毛処理について、あなたは定期的にシェービングされていますか?それとも、もう顔の産毛処理は嫌だから永久脱毛派(エステサロンか医療脱毛)の女性でしょうか?

 

永久脱毛の場合には、生え変わりの時期を知って、光やレーザー照射をするしかないですよね。そうでなければ、毛根が育っていない時期に毛根を破壊するレーザーや光照射を顔の産毛に施術してもお金が無駄になってしまいます。

 

つまり、顔の産毛の生え変わり時期というのは重要なのです。でも、自分で判断するにはちょっと難しいと思いますので、そこはプロのエステティシャン、医療脱毛の先生などに確認(カウンセリング)してもらい、永久脱毛=顔の産毛脱毛をしていってください。

 

女性の顔の産毛処理については、顔なだけに、女性なだけに、非常に慎重にならざるを得ないですよね。もしかしたら「やらなくては」と思っていても、なかなか定期的には処理できていないという方も多いかもしれません。今回は、こうした悩みや疑問が解消されるような情報をご紹介したいと思います。

 

顔の産毛処理メリットについて、まずは顔の産毛がなくなるわけですから、顔の色が明るくなります。そして、お化粧のノリがよくなります。これは、顔の産毛処理をした女性なら誰しも気付いていることかも知れませんね。もう1つ、意外なことに、ニキビ肌が改善されるというのです。

 

もちろん顔の産毛処理をすることは、すくなからずお肌を傷めることにはなりますが、それ以上に、顔の産毛処理によって、毛穴が詰まりにくくなります。そして、ニキビ予防になるということです。顔の産毛処理頻度は、絶対毎日ではありません。それは男性のひげです。

 

少なくとも2〜3週間はあけるようにしましょう。顔の産毛の生え変わりはたいだい20日、3週間と言われていますので、そのぐらいでちょうどなのです。最後に顔の産毛を処理することで濃くなると思い込んでいる人、そうなったという人がいると思いますが、それはありません。毛の太さが太くなることも、本数が多くなることもないのです。

 

濃くなったと目の錯覚があるかもしれませんが、それは、一度剃った毛の肌に近い一番太い部分が上に上がってきて、それまで先の細い産毛が太くなったと思うのです。だから、顔の産毛処理をしても、濃くなるというのは本当ではありません。また、顔の産毛処理で注意することは、処理後にたっぷりと保湿してあげることです。

 

これは、カミソリでも、電気シェーバーでも同じですが、お肌のダメージを考えると、傷ついたところからの水分の蒸発が考えられます。つまり、保湿をしてあげることで、いままで以上のぷりぷりお肌ができあがる可能性があるということです。