顔の産毛をトリマーで

顔の産毛をトリマーで

トリマーとは何かわかりますか?ワンちゃんなどが定期的にトリミングに行くといいますが、伸びた毛を剃る電気シェーバーのことです。

 

顔の産毛専用トリマーならお肌へのダメージも最小限に抑えられていて安心ですよね。
顔のムダ毛の中で、よく見落としがちなのは、顔全体の産毛です。

 

眉毛や口周りはお手入れを欠かさないという方でも、ベースである顔全体の産毛処理はしたことがないという方は少なくないようです。

 

中には、自分で気にしたことは無かったけど、トリマーを購入したきっかけに、試しに剃ってみたら産毛の多さにビックリしたという方もいらっしゃいます。

 

産毛は無色透明ではなく、薄くても色が付いています。恐らく眉毛の色や髪の毛の色と似ているのではないでしょうか?
そしてその産毛にも影ができます。そのため、産毛の「色」と「影」のせいで、顔全体がくすんで見えてしまいます。つまり、顔の色がワントーン暗いのですね。

 

だから、顔の産毛処理をされた方はわかると思いますが、処理後はパッと顔の雰囲気が明るくなったように感じますよね。
トリマーで処理したお肌は、スッキリするだけではなく、ファンデーションの「ノリ」や「もち」も数段アップしますよ。
処理の仕方によってはお肌トラブルが発生しますので、気をつけてください。

 

一度敏感肌になったり、アトピー性皮膚炎になると完治するまでにとても時間がかかったりしますので、正しい知識を身に付けてください。
顔は、人と対面した時に、最初に相手の目に入る部分です。良い印象を持ってもらうためにも、ご自身にあったケア方法を慎重に選んでくださいね。

 

濃くなるのが心配な方や、肌荒れしやすい方は、メイクしたら全然目立たないぐらい薄い顔の産毛の女性は、あえて「処理しない」というのも、一つの選択肢です。
顔の産毛の悩みや失敗談や処理トラブルとしては「顔の産毛が濃くなった気がする。」「イベント前に顔剃りをしたらかぶれて顔が赤く腫れた。」
などがあります。もう1つは、女性なら生理前の肌が敏感な時、皮脂分泌が盛んな時にトリマーで処理してしまうと、ニキビが発生することもあります。

 

カミソリよりも肌に優しいトリマーでも、やはり同様に、お肌へのダメージはありますので、気をつけてくださいね。

 

それから、トリマーを使うときには、お肌はメイクをしていない清潔な状態であること。一番良いのはお風呂上りに毛穴が開いて、顔の肌の柔らかくなっているときだそうです。

 

でも、トリマーそのものが汚れていたら意味がないので、ちゃんとトリマーの消毒なども日頃から怠らないようにしてください。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?