鼻の下の毛を抜いて痛い思いをしなくて済む方法

鼻の下の毛を抜いて痛い思いをしなくて済む方法

鼻の下の毛が目立つ体質なので、定期的に処理しているという人は少なくありません。
カミソリや、女性の顔に生える産毛専用の電気シェーバーなどを使って鼻の下の毛を処理しているという人も多いですが、抜いて処理している訳ではないので、およそ1週間に1度ぐらいのペースで処理をする必要があります。

 

人によっては、およそ2日から3日に1度ぐらいのペースで処理しなければならない場合もあるようです。
そのため、多少痛いですが、ピンセットを使ったり、パックを塗って剥がしたり、糸に絡めてみたりと、様々な方法で鼻の下の毛を引き抜いて目立たなくしてるという人も少なくありません。

 

鼻の下の毛を引き抜いて処理すれば、次に生えてくるまで時間稼ぎができるので、処理をするペースを、およそ3週間に1度ぐらいにすることができる場合があります。

 

しかし、鼻の下に生えている産毛を引き抜いて処理すると痛いだけでなく、毛穴に負担がかかり、ポツポツと浮き出てしまう場合があります。
そんな痛みと肌トラブルを防ぐためには、痛くない上に、毛穴にも負担がかからない除毛クリームを使う方法が適しています。

 

除毛クリームというと刺激が強くて、顔には使えないイメージがありますが、顔専用の低刺激性の除毛クリームも登場しています。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛が青い人の特徴

男性であれば、鼻の下の毛はひげですので、許されるならばおしゃれとしてはやしてもいいですが、女性の場合はそうはいきません。鼻の下の毛は、相手と話しをするときなどに目立ってしまう部分ですので、適切な処理を心掛ける必要があります。

 

たまに、女性でも鼻の下の毛が青い人がいます。正確にいえば、毛が青いのではなく、男性の青髭のような感じで青く見えてしまう場合があります。適切な処理をすれば、目立ちませんが、そもそもなぜ青く見えてしまうのかを知る必要があります。

 

青く見えてしまう理由の一つは、まず毛が濃いことです。ほかの初に比べてけが太い可能性が高いでしょう。気になる場合はエステサロンなどで脱毛するか、自分で二日に一度ほどクリームやカミソリなどで処理した方がよいです。もう一つは、根っこが深い可能性があります。

 

根っこが深いと、毛の黒さが目立ち、肌の色と相まって青く見えてしまうことがあり得ます。この場合、かみそりなどでそれだけでは不十分な場合もあります。最後は、肌の色が白いことです。肌の色が白い人は、より青く見えてしまう傾向があります。

 

これを避けるためには、脱毛や除毛以外では日焼けをするなどの方法があるでしょう。