鼻の下の毛は女性でもNG

鼻の下の毛は女性でもNG

鼻の下の毛は女性でもNGなのです。男性でも最近はひげが生えている男性を嫌い女性はたくさんいますが、女性でも、ホルモンバランスが崩れて鼻の下の毛が濃くなっている人がいます。

 

だから、鼻の下の毛は産毛であろうがひげであろうが、

 

顔の産毛がチクチクする程濃い人は、もう顔の産毛ではなくひげ化した産毛ですよね。男性が夕方になってひげがぽつぽつ生えてきます。
男性でも顔にチクチクと無精ヒゲが生えてきていたら、不潔感がどうしてもぬぐいきれません。

 

ましてや、女性でチクチクと鼻の下やあごの下に生えていたら、同姓から見ても、ぎょっとしてしまいますよね?
やはり、それは人に会うときのマナーだと思います。一度顔の産毛を剃ったら、次もちゃんと目立たないように剃ることなのです。
それでは、顔の産毛が生えてくるようになったら、どうすればいいのでしょうか?

 

もちろん処理するしかないのですが、それでもいろんな方法があります。

 

とりあえず、皮膚のたるみ、化膿、ダメージを避けるためには、自己処理の毛抜きだけはやめておきましょう。

 

それ以外であれば、顔専用の電気シェーバーで剃ります。同時に、抑毛効果のあるクリームやローションで毛の生えてくる速度を遅らせてください。
それから、お肌が清潔なときに剃ることで、お肌にニキビができたり、バリア機能を壊したり、敏感肌になったりもしません。

 

一度敏感肌やアトピー性皮膚炎になると、慢性的な皮膚炎となって、ずっと治らないこともありますので、気をつけてくださいね。だから、必ず清潔な肌に清潔な電気シェーバーで剃ることにしてください。

 

それでも翌朝には生えて、毎日顔剃りをするような状況であれば、黒ずみの可能性もありますので、医療脱毛、エステサロンを考慮に入れてください。
時間もコストも交通費もかかりますが、会社と自宅の間にあるサロンか医療機関を見つけてカウンセリングを受けたりして永久脱毛ができますよ。

 

エステサロンの方は医療行為ではありませんので、永久脱毛とは言わないそうですが、毛根を破壊することには変わりありません。
だから、エステサロンのパッケージにはよく「無期限」で何度でも光照射ができるというのがあります。

 

あとは両方の無料カウンセリングを受けて、自分のライフスタイル、空く時間などにあわせてクリニックかエステサロンを選んでください。
店舗数が多いのもポイントの一つです。なぜなら、顔以外でも脇や脚、腕などで予約が一杯埋まっていたら、予約が取れないからです。

 

レーザーや光照射を当てる時期というのは、毛の成長期にあたる、毛根が一番大きく活発に動いているときがいいのです。それに、肌が強いか弱いかというのも関係してくると思います。本当に医療脱毛の強いレーザー照射に耐えられるのかも考慮して決めてくださいね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?